あなたの結婚式と披露宴を手助けする総合情報サイト

>

教会式の結婚式とは

結婚式費用の内訳

結婚式の費用は二人が負担するよりも親が負担することが多いようです。結婚式費用を新郎新婦が全額負担した、というのが全体の3分の1ほど。新郎または新婦の親に助けてもらったというのが1割強、そして半数以上が両家の親にお金をもらった、というカップルです。

こうして支払われた結婚式費用の内訳が次のようなものです。*挙式料*料理*新婦衣装*新郎衣装*控室料*会場費*美容着付け*音響証明*介添え料*ケーキ代*花代*写真*印刷物*引き出物*プロデュース料

挙式料とは、宗教的な儀式を行うことに必要な費用です。神社などで行う神前式の場合には、初穂料や玉串料とも言います。料理は参加者に披露宴で出される料理のことです。平均的には一人当たり1万円から2万円が相場です。

結婚式の内容と内訳

新郎や新婦の衣装ですが、これは最近は格安ドレスが人気になっています。こうした衣装はレンタルもありますが一生の記念として購入する人も多いですね。新郎の場合には結婚後も使えるようにと、冠婚葬祭用の衣装にもなるデザインのものを選ぶ人が増えています。

会場費は結婚式場を使うための費用で相場が5万円から30万円くらいです。美容着付けはヘアーやメイクの費用です。新婦が洋装だけですと10万円前後、洋装と和装の両方ですと15万円前後です。音響や照明の設備代は3万円から10万円くらいが相場です。ケーキ代は使用する材料や大きさによって千差万別です。印刷代は招待状が主なものです。これは、一枚当たり400円から600円が平均です。会場の装花も会場から控室など装花の場所が増えるにしたがって大きな金額になります。


この記事をシェアする

TOPへ戻る↑