結婚式から披露宴まで!費用相場とその内訳

あなたの結婚式と披露宴を手助けする総合情報サイト

結婚式の計画から実現まであなたを全面サポート

最近では結婚式の時に挙式と披露宴を同時に同じ場所で行うことが多いので結婚式ではすべてが行われると思っている人が多いですね。 しかし挙式と披露宴は同時に行う必要はありません。結婚式場ではセットになっていることが多いですね。挙式は結婚する二人が結婚の誓いをすることです。

教会式の結婚式とは

教会式の結婚式ではキリスト教の神様の前で二人は結婚の愛を誓います。 こうした結婚式も教会の中だけではなくてホテルや結婚式場の中に作られたチャペルであげられることもあります。キリスト教の場合にはカトリックとプロテスタントでは、少し結婚式のやり方が違います。

結婚式と披露宴を成功させるには

現代の日本ではホテルや結婚式場で結婚式をした後で、そのまま披露宴に入ることが多いので、その全体を結婚式と思っている人も多いですね。

しかし今でも結婚式だけ挙げて、披露宴は後日改めてするという人もいます。特に身内だけで落ち着いた結婚式をやる場合にはそれが良いのかもしれません。したがって結婚式の内容も費用の内訳も、一般論とは別に様々なものがあります。

結婚式の主な目的は、二人の人生にけじめをつけて新しく出発するということです。またご両親の中には結婚式で我が子の晴れの姿を見たいと、一生懸命育ててくれた人もいますから、親孝行に結婚式をという人もいます。披露宴の一番の目的は結婚する二人の親族や友人を紹介しあうということでしょう。もちろん今まで二人がお世話になった人々に対する感謝の気持ちを表す機会でもありますね。

さてこうした結婚式も、二人が愛を誓い人生への決意を新たにする挙式には、宗教的にいくつかのものがあります。教会でなされるキリスト教式の挙式、神様の前で行われる神前式の挙式、仏様の前で行われる仏前式、そして参加者の前で参加者たちに向かって二人が愛を誓う人前式などがあります。最近ではイスラム教の人もだいぶ日本に増えてきましたから、イスラム教式の結婚式もあります。

こうした宗教的な挙式も、結婚式場やホテルに付属したところで行われることが多いですね。もちろん神父様や神主様は、教会や神社から来ていただくことが多いです。

神前式の結婚式とは

神前式の結婚式が日本では一番伝統的で数も多いですね。神社の中やホテルの中に作られた神殿で挙式をすることもあります。 二人が夫婦の契りを結ぶ「三々九度」の儀式は有名ですね。神前式では、衣装もドレスではなく着物を着ることが普通です。式は神主様の主導で行われます。

TOPへ戻る↑